d’Action 360へのよくあるご質問とその解決方法をご紹介しています。

カメラに関するご質問

Qフォーマットはどうやってするのですか?+
A【スマートフォンから行う場合】
カメラとスマートフォンを接続してから専用アプリを起動し、「カメラ設定」>「メモリーカードフォーマット」をタップしてください。

【パソコンから行う場合】
カメラとパソコンを通信ケーブルで接続し、SD Associationの公式フォーマッターを使ってフォーマットしてください。
※WindowsやMacなどの標準フォーマット機能を使うと正しくフォーマットできません。
手順参照はこちら

【カメラ本体で行う場合】
ドライブ/アクションモードで起動し、通信ボタンを押しながら電源ボタンを10回短押ししてください。
※最新のファームウェアにしておく必要があります。
Qカメラのレンズ横のLED(メモリーLED)がオレンジ点滅しています。+
Aメモリーカードにエラーが生じています。以下の手順をお試しください。
1.対応するメモリーカードを使っているかご確認ください。対応外のメモリーカードでは読み書きのスピードが間に合わず、エラーになる可能性があります。
2.記録データのバックアップをとった後、メモリーカードフォーマットを行ってください。
3.ファームウェアを最新のバージョンにしてください。
4.それでも直らない場合、メモリーカードの寿命である可能性があります。対応する新しいメモリーカードに交換してください。
Q対応するメモリーカードは何ですか?+
A付属品意外のmicroSDカードを使用する場合は、
・microSDHCまたはmicroSDXCカードであること
・容量が16~128GBであること
・カード表面にU3の表記があるもの
・microSDの正規ロゴ表記があること
上記の条件を満たしていることをご確認ください。カードによっては、一枚で[U3/Class10/V90]など複数の規格に対応しているものがありますが、U3の表記があれば使用できます。
Q防水機能はありますか?+
A防じん、防滴、防水機能はありません。
Q液晶は付いていますか?+
A搭載しておりません。
スマートフォンのアプリから映像を確認できます。
Qどこに取付けるのですか?+
A推奨取付位置は、ミラー横です。
フロントガラス上部20%以内に取り付けることなど、道路運送車両法の保安基準を守って取付ける必要があります。
Q360度の画角だとどのように映りますか?+
A水平360°、垂直194°のドーム状の撮影範囲となります。
車内ミラー横に取付けた場合、レンズを下向きに取付けることで、走行風景と車内の様子を同時に撮影することができます。
※他の装備品が、使用状況によっては本製品の映像に妨げになることがあります。
Q電源はどこからとるのですか?+
A付属の電源ソケットを使い、車両のカーソケットから電源を取ります。
駐車監視オプション(DC200/DC201)を装着する場合は、カーソケットではなく車両コードへの配線となります。
詳しくはこちら
QLED信号は対応していますか?+
A対応しています。
フレームレートは27.5fpsです。(高温動作時は低フレームレートで動作します。)
QWDR機能とは何ですか?+
A明るい場所での白とびや暗い場所での黒つぶれを抑え、適度な明るさに補正する機能です。
初期設定では、車内の様子の撮影や車外での撮影に合わせてOFFに設定されていますが、ヘッドライトなどの白とびを抑えたい時はWDR ONにするか、明るさ(露出)の設定値を変更することで見やすい映像に調整できます。
Qセット内容にある「メモリーカード」の仕様は?+
AmicroSDHC/16GB/UHS-Ⅰ スピードクラス3 です。
Q衝撃録画や常時録画を4Kで撮影することはできないの?+
Aできません。
衝撃録画および常時録画はフルHD相当(約200万画素)での撮影となります。
Qどれくらい録画できるの?+
Aメモリーカード内には録画機能ごとにフォルダが生成され、そこに保存されます。(※衝撃録画と駐車録画は同じフォルダ)
また、メモリーカードのパーティション割合は以下2パターンから選択できます。
記録時間・枚数の目安はこちらをご参照ください。
Q録画データは上書きされるの?+
A常時録画・衝撃録画・駐車常時録画・駐車衝撃録画は、それぞれの保存先のフォルダが一杯になると古いデータから順に上書きされます。手動録画・静止画撮影は上書きされません。
Qカメラ使用中に、カメラの動作や電源が不安定なことがある。+
A電源の接続に不具合がある可能性があります。

①電源をシガーソケットから接続している場合
電源ソケットは必ず付属品を使用してください。車両のUSB電源や付属品以外のUSB電源ソケットは使用できません。

②駐車監視オプションを使用して接続している場合
専門的知識のある工場などで下記項目の点検をお願いいたします。
・付属品のエレクトロタップを使用していること
・ケーブルの被膜が確実に剥がれていること
また、他の電子機器のノイズの影響を受けている可能性がありますので、アース端子の接続場所の変更や、配線の取り回しを変更すると改善する場合があります。
Qカメラの動作中にメモリーカードを抜いてもいいですか。+
Aカメラの動作中は絶対にメモリーカードを取出さないでください。
データやカードが損傷し、使用できなくなるおそれがあります。カードを取出す際は、まずカメラに接続されている電源ケーブルを抜き、LEDが消灯している事を確認してからメモリーカードを取出してください。

スマートフォン・ソフトに
関するご質問

Qスマートフォンの対応機種(制限)はありますか?+
Aサポートページの「動作保証環境」よりご確認ください。
QPCソフトの対応機種(制限)はありますか?+
Aサポートページの「動作保証環境」よりご確認ください。
Qスマホは何台まで接続できますか?+
Aカメラ1台に対して、同時に接続できるスマートフォンは1台までです。
Qスマホへの転送時間はどれくらいですか?+
A動画や静止画をスマートフォンへダウンロードする際にかかる目安時間は下記の通りです。
Q無線LANの通信距離はどれくらいですか?+
A周囲の環境に影響を受けますが、見通しの良い路地で約10mです。
Qシェアはできますか?+
Aスマートフォン用アプリでは、LINE・Facebookへの360°静止画画像のシェアが可能です。パソコン用ソフトでは、Youtube・Facebookへの360°動画のアップロードが可能です。
QiPhone, iPadのソフトウェアアップデート後にWi-Fi接続ができなくなった(2020.11追加)+
Aスマートフォンのソフトウェアアップデート後に専用アプリを開いた際に表示される、下図のポップアップの選択肢で、「許可しない」を選択すると発生します。
スマートフォンの「設定」から下にスクロールし、アプリ一覧の中からd'Action 360を選択、「ローカルネットワーク」を「ON」に設定したうえで、再度接続してください。        
QAndroid端末のバージョンアップ後にWi-Fi接続ができなくなった(2020.11追加)+
A専用アプリを開いた際に下図のようなポップアップが出る場合は、「Wi-Fi接続を維持」を選択してください。「接続解除」を選択すると接続できません。
「接続解除」を選択して接続が切れた場合は再度Wi-Fi接続を行い、同じポップアップが表示されたら「Wi-Fi接続を維持」を選択してください。
Qスマートフォンアプリで確認すると映像が粗いのですが?+
A撮影データをスマートフォンにダウンロードすれば、本来の記録画素数(4K相当/フルHD相当)でご覧いただけます。CAMERA画面・TIMELINE画面・ストリーミング再生画面では、できるだけスムーズに表示するために、画素数を下げて転送・表示しています。

オプションに関するご質問

Qバッテリーオプションに接続しても常時録画し続けるの?+
A常時録画機能は動作しません。
バッテリーパックを装着すると、その状態を認識し自動でアクションモードに切り替わるため、常時録画/衝撃録画は動作しなくなります。
Q駐車監視オプションの配線はどのようになりますか?+
A車両のアクセサリー線/常時電源線/ボディアースへ配線を行い、車両バッテリーから電源を取得します。
取付けには専門的な知識を必要としますので、お買い求めになった販売店や専門的知識のある工場などで行ってください。
Q駐車中の車の映像をスマートフォンから見れますか?+
A見れません。
駐車監視モード中は無線LAN通信できません。
Qパーキングモード中はずっと録画されていますか?+
Aされません。
衝撃を検知した時のみ録画動作を行います。

その他

Qどこで買えますか?+
Aカー用品店やオンラインショップの一部にて取り扱われています。
詳しくは、サービスセンターへお問い合わせください。

上記「よくあるご質問」で解決しない場合は、カーメイトサービスセンターをご利用ください。

カーメイトサービスセンターのご案内

TEL 03-5926-1212FAX 03-5926-1218 Webフォームでのお問い合わせはこちら

所在地
東京都豊島区長崎 5−33−11 (〒171-0051)
受付時間
10:00〜18:30(月〜金)/
10:00〜12:00、
13:00〜18:30(土・日・祝)

AIチャットボットでのお問合せ

友だち追加
ご購入はこちら